FC2ブログ

自家発電処

絵を描いたりマスをかいたりするブログ

 

今日はちょっと心が折れたりしたのでお遊びを一つ。

フリーソフトのMyTrashCanをご存知だろうか。

こいつはWindowsのゴミ箱のがぞうを変更・拡大縮小・SEの変更などができるフリーソフトだ。

リンク先はそのままググれば出るから暇なとき遊んでみて欲しい。

まず画像の準備。

ごみばこからっぽB

からっぽの時はこの虚無的な表情のにとりちゃんが画面で出迎えてくれる。

ですくとp@ぷ1

こんな感じだ。

ゴミ箱にゴミが溜まっていくと・・・

ですくとp@ぷ2

おや・・・!?

ごみばこいっぱいB

さらに悲壮感が増したにとりちゃんに変わる。

ゴミ箱を空にしてあげるとまた虚無的な表情に変わるので安心して欲しい。

さらに音声を。

わたしはゴミを捨てると殴られたSE

空にするとゲロを吐くSEにしたがこれはヘッドホンで不快な思いをするのでおすすめしない。



んで。

2011年5月11日から私はこの趣味を始めました。

忘れもしませんし、当時のスケブはしっかり手元に残っています。

当時一切絵なんか書いたことない私は24歳でした。

ネットで調べていくとどこもかしこも20歳を超えて書き始めても絶対絵は上手くならない、と

否定的な意見ばかりでした。

んで3年必死にやればうまくなる(若くて脳が柔らかい人は)という意見が。

なので3年頑張ろう。

それで上手くならなかったらやめよう。と。

元々凝り性な正確なので楽しくなってしまい、それ以外の趣味は全て捨ててしまいました。

高校卒業と同時にS13でイカ天出るぞと息巻いていたドリフト。

フィールドテスターになりたいと一週間のうち5日は海にいた釣り。

毎週のように誘われる飲み会やチームの集まり。


全てなくしてしまいました。

友人と会う回数も激減しました。

だんだん誘われなくなったりしました。

元婚約者の結婚報告をされました。

結婚式の招待状が来ました。

ゲームをしなくなりました。

TVを捨てました。

転職を2回しました。


どんどん世間離れして、どんどん世間一般の『幸せ』から遠ざかったような気がします。

そして遠ざかっているような気がします。

2ヶ月前に仕事を辞める決心をしました。

2ヶ月というのはいろいろなことを考えるには十分な時間で。

絵を描かなくなったら ということも考えました。

暇な時間というのはいろんなことを考えてしまうものです。

あるとき友人と話していて、『なんか老後の楽しみを先にやってる感じだね』とふとそんな話が。

あーなるほどなーと。

そこからなんか開き直れた気がします。

こういってくれる友人がいるだけでたのしいなぁと。

良くも悪くも世間的にどうあろうとも最低限の社会適合をしながら趣味に生きたらいいかな、って。


40になった時惨めな自分が嫌になったりするでしょう。

仕事も、女も。

一人になっちゃったりもするでしょう。

でも選んじゃったもんね。


じぶんで。


以前も書いたことがあるかもしれませんが、物事の全ては必然で小さな小さな必然がくっついて必然になるんです。必然的に。



話を戻します。

結局3年たった経ってないにかかわらず、私は絵を書くのが大好きになってしまったようです。

絵を書く事以外では知り合えなかった友人が今では地元の人間より全てをさらけ出せるような相手になりつつあります。

絵を書く事で自分の内面を改めて見直す、表現もできます。

すごく幸せなことです。

今も、30になっても、40になっても、充実してるのはいつですか?

と聞かれて

いまです。

と言えるようにしていきたいですね。




とぐちゃぐちゃ書きなぐり脈絡もなく、傍から見たらなんやこいつ・・・とおもうでしょうが

自分なりにケリをつけたかったので。

以前書き始めてからやっていたブログに3年後どうなってるか という記事を書いていて

もう消してしまいましたがその結果だけ書いておきたかったのです。

誰にも分からないしわからなくていいし自分に宛てた文です。


今日ぐらいは自分を褒めてあげたかったんです。



ちょっとは上手くなったねって。


みっくみく線画



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Comments


Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
ぴくしぶ
プロフィール

flanvia

Author:flanvia
おえかきたのしい

かうんたー